トリニティースキャルパーFX
トリニティースキャルパーFXをお申込みの方に「ビックリ無料特典」をプレゼント致します!






トリニティースキャルパーFX

トリニティースキャルパーFXのパフォーマンスに関するデータ

トリニティースキャルパーFX

「成績を見れば善し悪しは見抜けるから、早くトリニティースキャルパーFXとやらの性能や
パフォーマンスを見せてくれ!」

という方もお見えになるかもしれませんので、そのあたりのお話は後程するにして、
まずは、トリニティースキャルパーFXのパフォーマンスに関するデータをお見せしたいと思います。

システムの見極めや実績では業界トップクラスを自負するMr.Brain、Mr.Brainが、良いEAの条件を満たし、
今後のパフォーマンスに期待が出来るものとして自信を持って公開する
「トリニティースキャルパーFX」
の成績です。

バックテストの量が多いので、累計損益グラフと成績を集計した一覧をとりあえず掲載いたします。
ストラテジーテスターの詳細結果に関しては、別途リンクがありますので、そちらをご参考にしてください。

ご覧いただくとご理解頂けると思いますが、データが膨大な量の為、
ポイントをあらかじめ簡単に説明しておきます。

メインで開発を行ったEURUSD他2通貨の合計3通貨の合算では、
1999年のユーロ発足以来、14年間もの長期間にわたり、
年間ベースで負けはありません。
また、月間単位での勝率も3通貨合算で勝率約77.4%を誇り、
1ポジションあたりたった1万通貨単位の単利での取引でも、
毎月平均して約$593.78(計算しやすいように$1=100円換算の場合は、
約5万9378円)の利益、1999年以降の累計では約973万8036円もの利益を
上げ続けてきたのです。

しかも、その売買回数は14年間で3万7140回を誇り、カーブフィッティングという
概念が入り込む要素のないほどの回数をこなしており、
確率統計学的にもその信頼度は高い事を証明しています。
また、メインのEURUSD以外にも、GBPUSD、USDJPYでも好成績を収めており、
複数通貨でも成績が出る事からも、
ロジックの普遍性は高い事を証明しています。


それでは、是非じっくりと、そのそれぞれの数字の持つ深い意味を感じ取って下さい。

そして、巷で出回っているEAの成績との差を、是非、比較してみて下さい。
きっと、「トリニティースキャルパーFX」の実力を感じ取っていただけるに違いありません。


まずは損益グラフです。


上記成績は、EURUSD・GBPUSD・USDJPYの3通貨を
それぞれ1ポジション1万通貨の設定で取引を行った場合の合算の成績です。

美しい右肩上がりの収支曲線なのがわかります。
次に成績を集計した一覧です。


上記成績は、EURUSD・GBPUSD・USDJPYの3通貨を
それぞれ1ポジション1万通貨で取引を行った場合の成績です。

次に3通貨合算での各月ごとの成績です。


どうでしょうか。

膨大なデータ量に、圧倒されたかもしれませんが、
それだけのデータ量に裏打ちされた信頼性の高い成績というご理解を頂ければと思います。

繰り返しになりますが、あらためてまとめますと、

メインで開発を行ったEURUSD他2通貨の合計3通貨の合算では、
1999年のユーロ発足以来、14年間もの長期間にわたり、
年間ベースで負けはありません。

また、月間単位での勝率も3通貨合算で勝率約77.4%を誇り、
1ポジションあたりたった1万通貨単位の単利での取引でも、
毎月平均して約$593.78(計算しやすいように$1=100円換算の場合は、
約5万9378円)の利益、1999年以降の累計では約973万8036円もの利益を
上げ続けてきたのです。

しかも、その売買回数は14年間で3万7140回を誇り、カーブフィッティングという
概念が入り込む要素のないほどの回数をこなしており、
確率統計学的にもその信頼度は高い事を証明しています。

また、メインのEURUSD以外にも、GBPUSD、USDJPYでも好成績を収めており、
複数通貨でも成績が出る事からも、
ロジックの普遍性は高い事を証明しています。

 ↓      ↓      ↓      ↓     ↓

トリニティースキャルパーFX【ビックリ無料特典付】

※こちらからトリニティースキャルパーFXをお申込みされた方には、ボーナス特典をプレゼント!詳しくは、トリニティースキャルパーFXのお申込みページをご覧下さい。
posted by トリニティースキャルパーFX at 08:52 | トリニティースキャルパーFX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。